ミスした後

カテゴリ :
監督の呟き
タグ :
投稿者 :
木藤大輔

生きていれば思うようにいかないことなんて山ほどあって、ただ
その山を乗り越えようとするから味が出てくるんじゃないかと。

サッカーはよく人生に置き換えられますが、それがミスありきのスポーツで、
失敗の後にどんな行動を取れるかがサッカーも人生も大事だからでしょうか。
よく言いますよね、「取られたら取り返せ!!」って。
世界中を魅了するバルサやレアルでさえ、奪われることを想定した戦術もしっかり練るんです。
チャレンジして、失敗して、取り返して、またチャレンジして、失敗して、取り返して、、、
そのサイクルを繰り返しながら考えて工夫して発見できる選手が伸びていくと思うんです。

今の中学3年生は、最初の1年間で多分1回も勝てませんでした。
1期生なので先人(手本)もいない中、非常に厳しかったと思いますが
試行錯誤とチャレンジを続けた彼らは、今では割としっかりプレーできてます。
1・2年生、まだまだショボいです。
だけど真面目に取り組んでいれば必ず伸びます。
3年生がどう向き合っているか、もっともっと感じてほしい。

スポーツをやっていれば大なり小なり必ず挫折は経験します。
その時にどんな行動を取るか。真価が問われる瞬間です。
正しい努力は必ず最後に報われる。そう信じてます。


小学6年生を2人、中学1年生の試合に出場させてみました。2人ともフル出場させちゃいました。
慣れない5号球・ピッチサイズや中学生のスピード感の中でとても良くがんばってくれました!!

Kido Daisuke

スポンサードリンク