サッカーとフットサル

カテゴリ :
フクダコラム
タグ :
投稿者 :
福田 紘平

お世話になっております。U-12担当福田です。

7/4(土)、U-12チームはバーモントカップに参加しました。今年はこのような社会情勢のため、参加チームは抽選で決定しました。多くのフットサルチーム、サッカーチームが参加できない中、このような大会に参加できたことを非常にありがたく感じております。結果は残念ながら一回戦敗退でした。

Vs  FUNアカデミー 1-2 

結果は残念でしたが、フットサルの経験は必ずサッカーをプレーする際の力になるはずです。いい機会なのでフットサルがサッカーに与える影響を自分なりの見解で書いてみようと思います。

個人的には二点、サッカープレイヤーがフットサルをプレイすることのメリットがあると考えております。

一つ目は個人のプレーが結果に直接結びつきやすい点です。サッカーに比べコートが狭く、ゴールへの距離も近いです。そのため良い意味でも悪い意味でも一つのプレーが得点に結びつきます。このひりつくような勝負が多々発生するゲームの経験は非常に貴重だと思います。

二つ目はスペースと時間の作り方を学べる点です。フットサルではサッカーに比べ、スペースがなく、相手からのプレッシャーも激しいものとなります。そのような状況下で、数人のグループでスペースを生み出し、活用する、個人で時間を作ることが要求されます。こうしたトレーニングを重ねることで、確実にサッカーでもスペースの使い方や生み出し方が上手くなりました。

このようにサッカープレイヤーがフットサルを学ぶことは非常に重要だと考えております。まだまだフットサルには多くの魅力があることでしょう。今後もフットサルの良さを取り入れながらトレーニングしていきたいと思います。

スポンサードリンク